すぐヤレる10代女子探しはカカオ掲示板を使え

お酒の力も利用してセフレを作る

お酒とは理性を働かなくさせてしまう効果があります。
そのためお酒を飲むと一夜の過ちが起きやすいのです。
ですが、セックスをしたいと思っている男性にとってはチャンスだと言えるでしょう。
ガードが堅い女性でも、お酒を飲んでガードが緩んだ瞬間に、ホテルに誘う事に成功するかもしれません。
ただし、お酒の力を借りる場合、あまりに泥酔してすでに意識がない女性を強引にホテルに連れ込んでセックスをする事はNGです、
泥酔状態で合意の元セックスをしたと言っても、相手はその時点で判断能力がなかったとみなされます。
そのため相手が訴えた場合に強姦になるリスクがあります。
なので、ちょっと酔ったけれど記憶が飛ばない程度で、会話の受け答えが出来る状態でなければいけません。
またセフレサイトで知り合った女性と初顔合わせの時に、昼間にカフェでなら相手の女性は警戒しません。
ですが仕事帰りにお酒でも飲もうとなると、いきなり夜に出会いしかもお酒を飲むわけです。
お酒の力を借りてあわよくばという男性の下心が透けて見えてしまいます。
もちろん、セフレサイトを利用する女性はセックスをしたい女性である事は間違いありません。
ですが初対面の相手と必ずセックスをしないといけないというルールではなく、メールでいい感じの人と思って会う約束をしても実物はイメージと違ったという場合セックスは断るケースもあります。
なので待ち合わせが居酒屋などだと女性から警戒されてしまいます。

イケメンではなくお金持ちでもなくてもセフレは作れる

一昔前セフレを作る事が出来たのはイケメンかお金持ちの男性ぐらいでした。
そしてその他大勢の男性は、セフレが欲しくても諦めるしかなかったのです。
しかし時代は変化し、今ではイケメンではなくお金持ちでもなくてもセフレは作る事が出来ます。
むしろ女性にモテない男性や経済的に余裕がない男性の強い味方となってくれるでしょう。
なぜならセフレはコスパがいいからです。
セックスに対するお金を支払う必要がなく、デートや食事をする必要もありません。
そのためかかるお金はホテル代ぐらいなので、それほど負担にはならないと言えるでしょう。
そのため恋人を作るのはお金がかかるから無理、結婚をして妻子を養えるだけの給与ではない。
そんなふうに恋人を作る事、結婚を諦めた人でもセフレを作る事が出来ます。
そしてモテない男性がネット上だけ急にモテるようになる訳ではありません。
ですが、モテないなりに、メールで自分をアピールする事が出来れば相手を見つける事が可能です。
出会いのチャンスが多いからこそ、中には自分の事をセフレにしてもいいと思ってくれる女性と出会えるのです。
モテない男性の中には童貞の男性もいるでしょう。
童貞である事はコンプレックスになりますよね。
ですが、童貞である事もセフレサイトではアピールポイントとなるわけです。
もちろん全ての女性が童貞に好意的な訳ではなく、ごく一部の女性にすぎませんが、それでも童貞がいいと言ってくれる女性がいる事は非常に心強い存在だと言えるでしょう。

セックスの低年齢に要注意

セックスは低年齢化しているという話も聞きます。
例えば中学生同士のカップルがセックスをする行為は、少し早いとは思うものの別に犯罪行為ではありません。
ですが、相手が中学生でこっちが大人の場合は、その行為は児童ポルノ法に違反する行為として犯罪行為になってしまいます。
ちゃんと恋人同士だったとしても、大人が子供相手にセックスをする事が法律で禁じられている以上、バレてしまったら性犯罪者として逮捕され刑罰を受ける事になるという事をキチンと理解しておきましょう。
セックスの低年齢化により、セックスに興味がある、セックスをしたい、そんな18歳未満の子がセフレサイトに登録している可能性もあります。
セフレサイトは18歳未満は登録出来ないといっても、登録時に身分証明書で年齢確認を行っているわけではありませんよね。
特にセフレを作る事が周囲にバレたくないと匿名性が守られているからこそ、セフレサイトは安心して利用出来るわけです。
そのためもし年齢確認を登録時に必要になれば、18歳以上の利用者も激減する事が眼に見えています。
セフレサイトでは年齢確認を行えず、個人個人が自分で18歳未満の相手に引っかからないようにするしか方法はありません。
ですがネットで色々な情報を調べられるので、知識として何でも知る事が出来る中高生は昔より精神的にも大人びた子が多く、見た目も大人びた子が多いため、本人が18歳以上だと言えばすんなり信じてしまう大人は本当に多いのです。

優良サイトこそ油断禁物

 出会い系サイトやカカオトーク掲示板には、必ずといっていいほど『サクラ』が紛れこんでいます。あまりにもこちらに都合が良い発言を繰り返す女性会員は、必ずサクラを疑いましょう。
 本物の女性会員は、例えセックスフレンド希望であっても貞淑さを捨てていません。性癖など厭らしいトークに乗じることはあっても、発言には品格があります。アダルト動画・漫画に登場するような“はっちゃけたエロ発言”を繰り返すのは、サクラだけです。
 サクラは悪質サイトに多いイメージがありますが、実は大手の優良サイトほど警戒が必要です。サクラは常に、一般会員に紛れて獲物を探しています。
 優良サイトの会員は『このサイトであれば安全』『サクラなど紛れているはずがない』と油断する傾向があり、サクラはそれを知っています。当然ながら運営も対策を講じてますが、いたちごっこが現状です。
 都合が良い発現以外に『他サイトへ誘導を促してくる』『メッセージに怪しげなURLアドレスが付属している』場合にも、サクラを疑って下さい。誘導先は、もれなく悪質サイトです。またURLアドレスがワンクリック詐欺になっているケースも多いため、触れることなくメッセージごと削除することを推奨します。

利便性はテレクラ>出会い系

 出会い系サイトやカカオトーク掲示板に飽き飽きしているのであれば、心機一転『テレクラ』の活用を推奨します。セックスフレンドという成果を得られずとも良い刺激になりますし、上手くいけばテレフォンセックスを楽しめる可能性もあります。
 テレクラのメリットは、ずばりレスポンス速度です。電話を介して直接交渉を行うため、メールや掲示板のようにやり取りが遅延することはありません。また遅延のために気持ちがすれ違うこともなく、相手と(価値観などが)合う・合わないの判断もその場で出来ます。テレクラ以上に優れる交渉ツールは、おそらく存在しないでしょう。
 当然ながら、テレクラにはデメリットも存在します。それは『利用料』です。女性は無料で利用できますが、男性は通話時間に応じて料金が生じます。しかし相場は安定しているため、余程おかしなサイトを介さない限り心配はありません。目安としては、一時間3,000円〜5,000円程度です。
 なかには、新規会員を獲得するために『無料お試しサービス』を提供しているところもあります。利用できる場合は、こうしたものを積極的に活用しましょう。お試し時間は10分程度ですが、その中で連絡先を交換できれば占めたものです。

利用端末はスマホが一押し

 昨今は、殆どの出会い系サイト・カカオトーク掲示板がスマートフォンからのアクセスに対応しています。OSによっては動作が異なる(または動作しない)機能もありますが、利用条件は概ね良好です。
 従来通り、パソコンからのアクセス・利用も可能です。しかし持ち運びに難があるため、レスポンス面でライバルに差をつけられる可能性があります。セックスフレンド獲得はレスポンス速度が左右するといっても過言ではなく、この一点は無視できない問題です。
 当然ながら、パソコンからの利用にもメリットはあります。特にライブチャットをはじめ一定のスペックを求められる機能を利用する際は、スマートフォンよりも快適です。
 しかしメッセージ交換など最低限の機能しか使用しない場合には、スマートフォンひとつで十分でしょう。昨今はパケット使いたい放題など速度・費用ともに安定しており、利便性は旧来の比ではありません。
 また出会い系サイトやカカオトーク掲示板の中には、スマートフォン用のアプリケーションを提供しているところもあります。インストールすればサイトへアクセスせず機能を使用できるため、大変便利です。容量に余裕があれば、ぜひご活用下さい。

肉食系女子は常にセフレを求めている

 セックスフレンドをつくることは、それほど難しいことではありません。特に昨今は、草食系男子と逆の性質を持つ“肉食系女子”を筆頭に、多くの女性が性欲を持て余している現実があります。
 驚くべきは、肉食系女子が持つ価値観です。恋人をつくり、そこから発展するセックスを希望する女性は、実のところそれほど多くありません。
 逆に、我ら男性と同じく“恋愛感情が絡む関係は面倒くさい”“手っ取り早くセックスだけを楽しみたい”と考える女性は年々増加傾向にあります。彼女らは、将来性を持たない関係から発展するセックスに抵抗を示しません。そのため出会い系サイトやカカオトーク掲示板を上手く活用すれば、誰でもセックスフレンドを得ることが可能です。
 当然ながら、サービスの利用登録を行うだけでは無意味です。登録後は積極的にアプローチを行い、多くの異性会員に己の存在を知ってもらいましょう。
 何故なら肉食系女子は、セックスフレンドを求めながらも自主的な行動は控えめです。“誘われたら応える”……つまるところ“ナンパされたら考える”スタンスであることを理解した上で、積極的にアプローチしましょう。メッセージ交換の際は、レスポンス速度が命です。常にライバルの存在を意識して、一歩進んだ行動を心がけましょう。

複数人のセフレとハッピーライフ

 より充実したセックスライフを楽しみたいなら、複数人のセックスフレンドと関係を持ちましょう。パートナーをひとりに絞る必要はありません。お互いを尊重する精神を持てば、何人とでも上手くやっていけます。
 しかしながら、パートナーの選択には注意が必要です。
 セックスフレンドはセックスに限定された男女関係ですが、なかなかに面倒くさい性格の人も見られます。『恋人のように振る舞いたがる』『他のセックスフレンドに嫉妬する』『必要以上に連絡を寄越す』など、こちらに対し精神的依存を求める相手とは、関係を持つべきではありません。
 何故なら、精神的依存を求める相手は『別れ話』を聞き入れません。そのため付きまといなどのトラブルに発展するケースが多く、そのままストーカー化することも珍しくありません。こちらに恋人や伴侶がいれば、被害はさらに拡大します。私生活はかき回され、職場にも事が知れる。セックスの代償としては、あまりにも大きすぎます。
 パートナーを選択する際は、この点にくれぐれも御注意下さい。こちらも相手も『セックス以外は他人』と割切って交流することが大切です。